*

ゆっくりジョギングしながら帰宅する初心者ランナー情報と、快適に走る為に弁当箱をやめ、職場で完成させるオフィスランチを主に綴る帰宅ランに目を向けたサイトです。

職場ランチについて

このサイトの職場ランチとは

このサイトの職場ランチは、お弁当の変形です。

このサイトの職場ランチとは、当日持ってきた普通なら弁当箱に入れるものを、置き丼・保温マグを使用して食べるお昼ご飯の事。帰りは手ぶら~小さなタッパーだけを持って帰る、帰宅ラン仕様のお弁当なのです。お弁当というには、おこがましい未完成の状態なので、職場ランチと便宜上いう事にしました。

ごはん以外の食材はポリ袋にいれて持っていき、食べれば捨てます。ポリ袋は食材別に混じらない用に区切るのが簡単で少々の汁ものでも問題ないので、おかずの幅が膨らみます。弁当箱に入れる時にする配慮をかなり省くことができます。実際にはポリ袋の他、牛乳パック・ペットボトルなど捨てて帰れる容器を使用することもあります。

また、私の性格からかなりのずぼら飯です。凝るときは凝りますが。豆腐パックや缶詰を持っていくのも定番化してます。

ゆるーい、弁当もどきの職場ランチを、ゆるーく紹介したいと思います。1か月前のメニューを紹介なんてことも、ざらに出てきますので、豆腐に日付が入っていて時期がずれていても、お気になされないようお願いします。

私の職場の弁当設備

  • 電子レンジ
  • 湯沸かしポット
  • 冷蔵庫
  • 流し台
  • 引き出し・ロッカーに空きスペース

okidon個人的には弁当箱を持たない代わりに、

  • 置きお箸箱(カトラリーセット)
  • 置き丼
  • 置き果物ナイフ
  • ペーパータオル

を新たに置き

前から使っていた

  • 保温マグカップ

を職場ランチに有効活用することにしました。丼はちょっと……という方は、大きめ置き弁当箱をされると、同じことがほぼ可能となります。

最大目的、弁当箱小型化

私は最近、帰宅ラン(職場から走って帰る)を始めました。走って帰ると、弁当箱がじゃまなのです。お箸はカタカタうるさいし、弁当箱はかさばるし。

また、走るためのリュックは容量が小さい上に形に癖があり弁当箱が大きいと入れにくかったり、弁当箱は入るのだけれども、他のものが入れにくくなったりします。

これらの不満を解消するために、お弁当箱を小さくしようと考えました。今の時代、昔の弁当箱の形をいつまでも踏襲しなくてもいいと思うのです。つまり、昔より職場には便利な機器があるので、これを有効活用すればいい。幸い私は昼食環境は恵まれています。

私の実験弁当は、帰りの荷物を少なくするのが最大の目的。

弁当運搬無神経化

通常の弁当ではできない汁っぽいものや白和えなどは痛むことなく、他とまざることなく運搬できるのもビニール袋利用のお弁当の利点です。おおむね上手くいっています。満足です。また、出勤時にお弁当の偏りやミックス化を気にする必要がなくなりました。帰宅ランのみならず、出勤ランの方も、お弁当がぐちゃぐちゃになってしまって困っておられるなら、参考になるのではないかと思います。

朝はずぼらを目指し

朝が楽できて、昼が美味しければ文句はないのですが……。朝が楽にならない事も多く、味を犠牲にすることも多々あります。反対に朝の用意はなし、買ってきたものを持っていくだけ、昼はちょっと手間がかかるけど、味は美味しいランチも紹介します。

作り置きの自家製冷凍食品を多用しています。主菜は冷凍室からカバンに直行。副菜は切るだけ的なメニューも多いです。主菜も副菜もカバンに直行な場合もあります。冷凍には1回分ずつのポリ袋を利用します。季節によっては、解凍されるのと同時に保冷剤の役割を果たし、他の食材が痛まないという利点もあり。

お昼にベスト調理

オールインワンの普通の弁当では、レンジがあっても、生野菜までチンしてしまう事になります。メニューごとに個別で持っていく弁当ですので、レンチンも別々にできます。温かい方がよいもののみ温められますし、食べる時は一緒でも、温める時は別々の方が美味しいものは別々にチンできます。調理というほどの事でもありませんが、おいしく頂くコツです。

食材をそのまま持っていく系の場合、切り立て、できたてを食することができますので、オールインワン弁当の時にはしていた、変色を防ぐための手間が無くなり新鮮なものを食べられます。また、生野菜を切り味付けをすると硬く絞っていても水分が出るものですが、ポリ袋なら水分が出ても平気です。逆に、生野菜をボリ袋に入れ浅漬けの元や塩麹を入れ、軽く揉んでおくとお昼には丁度いい漬け物になっています。

ドレッシングも朝からまぶせませんが、食べる直前にかけられます。生野菜のサラダってかさばるけどお腹は膨れない。沢山食べたいときは丼をサラダボールにすれば、たっぷり食べられます。付け合わせがメインを引き立てる事は皆さんよくご存じかと思います。千切りキャベツが合った方がとんかつはおいしい。大根おろしがあった方が、サンマはおいしい。ポリ袋利用でそれが弁当でも可能になります。

そんなゆるーいランチブログ、お目汚しやこれはまずかったというのもお伝えしますが、お楽しみいただけたらと思います。

公開日:
最終更新日:2014/04/03