*

ゆっくりジョギングしながら帰宅する初心者ランナー情報と、快適に走る為に弁当箱をやめ、職場で完成させるオフィスランチを主に綴る帰宅ランに目を向けたサイトです。

2年帰宅ラン実行して感じたバックパック選択のポイント

     -

2013年秋に帰宅ランを始めて、約2年がたちました。この間、バックパックは1つだけを愛用してきました。2年程度ではびくともせず。最初に考えた条件は今にして思えば的外れなこともあったけど、結果的にはとてもいい選択だったと思います。

2年帰宅ランを基本毎日行ってみて、今度バックパックを購入するなら重視するべきポイントを見てみます。

最重要ポイント:洗濯は可能か

頻繁に通勤ランを行うなら、そのたびに汗をかきます。洗濯できないなんて考えられない。

通勤ランを頻繁に行うならバックパックは汗を吸い乾燥を繰り返しています。どんどん汗濃度の濃いリュックになります。洗濯ができないなら、確実に悪臭を放つバックパックとなります。

出勤ラン・帰宅ランをセットで全行程行うなら、迷惑をこうむるのは職場の方々だけ。ロッカーにバックパックを放り込み空気の流通を遮断するなら、同時にロッカーを利用する人だけが、犠牲者となります。

公共交通機関を使用するなら、その周囲の方にも悪臭を撒き散らすこととなります。通勤時は混んでいる時間帯でもあり、簡単に悪臭を避けることはできません。他の乗客にとって迷惑以外の何物でもありません。

洗濯できるバックパックを選び、こまめに洗濯すれば上記問題は解決します。通勤ランを目的にバックパックを購入する場合には、洗濯できるトレイルラン用バックパックを購入してください。通勤ラン用バックパックの必須条件だと私は思います。

必須条件:バックパックのサイズ

通勤時に持ち運びしなくてはならないものが入るということも、重要です。

毎日、通勤ランを決行するなら全てをバックパックに収納する必要があります。走らない日も設定するなら、走らない日に荷物を持ち運びできるので、バックパックは比較的小さいの物で問題ありません。

いずれにしろ、具体的に通勤ラン時に持ち運ぶものを並べ、非通勤ラン時に持ち運ぶものも並べ、それぞれのバックに収納可能か、実行可能かを考えます。

同じ容量でもバックパックと荷物の形には相性があります。もし、弁当を持っていくなら弁当の中身がぐちゃぐちゃにならないような厚みが必要です。薄っぺらで厚みは取らないけれど、縦横サイズは必要な書類もあります。

実際に入れる内容によって、バックパックの容量と縦横厚みで並べたものが入るかを検討します。カタログのサイズはあくまで目安です。バックパックは縦横幅が、パックの下と上ではかなり違う形が多いです。下は大きいが上に行くに従って小さくなったり、その逆だったり。カタログサイズの長方形や立体が直角を保って形になっているわけではありません。

私の場合15リットルを使っています。夏は若干の余裕がありますが、冬はぎゅうぎゅうです。

使い勝手を左右する:外付けポケット

通勤時に財布や定期、携帯にアクセスしやすいか。通勤ラン時に水分補給をしやすいか。これらは使い勝手に影響します。もし、アクセスしにくくても、不便かな位の話、オプションや使い方を変える事により、使って使えなくはないとは思いますが、それでもやはり、便利な方がいい。

トレイルランニング用のバックパックは材質が薄い素材でできています。通勤定期の方ならバックパックの底、一番アクセスしにくい所に定期を入れておき、 改札ではバックパックを普通ならタッチする場所に置いて通るという技が使えます。定期券の場合、タッチ式とかかざすだけの改札が普及してきてますので楽です。

回数券の場合は改札に通さないといけない。頻繁に通勤ランするなら回数券を利用したい。通勤の改札を通るたびに、メインを開けてごそごそはご免こうむりたい。そこで重要になるのが、外付けポケットの有無。大きさや個数の場所の仕様です。

私の場合、財布、携帯、水は外ポケットに入れなきゃ困る。行きも帰りもランの人は、財布は除外等ご自身のランスタイル・ラン計画に合わせ、製品をチェック。

当たり前の機能:走れるか

通勤ランの為にバックパックを買うのですから、走りにくいバックパックは論外です。トレイルラン用のバックパックは、走れるようにできています。普通のバックパックより揺れにくく、手が触れるように横幅が小さくなっています。これができていない、自分に合わないのは除外。

一応走れるようにはなっているのですが、製品によって背負った時のフィット感や体への負担・負担分散がかなり違ってきます。同じ「着る系」を選んでも本当に着ている感じから、背負っている感が否めないものもあります。体型や相性もあるのでしょう。

可能であれば試着して買う。私が先日思いつきで入ってみたメーカー直販店では、試着する時に重りを貸してくれました。頼んでいないのに、荷物は2kgぐらいなんですよって言いながら、2kgの重りを。まさに毎日の私の重さです。

計画的に買いに行くなら、普段の荷物を持参して入れてみて背負ってみる。その上でどれにするのか決定が間違いない。でも、いくら走り心地が良くても、洗濯できないバックパックを選択する事は避けてください。

どうでもよかったこと

2年前、バックパックを買う時には、コンパクションは重要視していました。が、帰宅ランに使用する時にコンパクションは使わなかった。毎日同じような荷物を持って行きます。荷物紐の調整をするかと言えば、しなかったです。腰ひもや肩ひもの調整はしましたが、一杯に入れる時も、荷物の少ない時もコンパクションはゆるゆるのままでした。

それで揺れるか?揺れが気になるかというと全然気になりませんでした。

関連リンク

帰宅ラン用バックパック
2年前の選択基準等

関連記事もどうぞ

帰宅ラン時の傘の持って帰り方

帰宅ラン、傘の持って帰り方

当地では昨日帰宅ランの直前まで雨が降っていたのですが、開始時間には止み、さらに天気予報でも雨があがる予定だったので、帰宅 ……

続きをみる

使用中のバックパック

帰宅ラン用バックパック

このページの目次1 買う前2 私基準の候補バックパック2.1 カリマー X-Lite ラン用バックパック2.2 ノースフ ……

続きをみる

モンベルクロスランナーパック15、ネットポケットにペットボトルを入れてみた。

帰宅ランの為に購入した、「モンベルクロスランナーパック15」というトレイル・ランニング用のバックパックのネットポケットを ……

続きをみる

クロスランナーパック15とA4クリアファイル

「モンベルクロスランナーパック15」にA4書類は入るのか?

モンベル「クロスランナーパック15」にA4書類は入るのか?を正確に答えれば、入ります。丸めたり、たわましたりする条件でな ……

続きをみる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。