*

ゆっくりジョギングしながら帰宅する初心者ランナー情報と、快適に走る為に弁当箱をやめ、職場で完成させるオフィスランチを主に綴る帰宅ランに目を向けたサイトです。

帰宅ラン用バックパック

    更新  2016年05月01日  -

通勤ランの為に私が実際に買ったのは「モンベル クロスランナーパック15」です。形状等詳しくは「モンベル クロスランナーパック15レビュー」をご覧ください。このページはモンベル クロスランナーパックに限らずランニングできるリュックの一般的な事です。

買う前

買う前に必要な物を仮定して必要容量を試算すると、

  • パンツ1リットル
  • ペットボトル0.5リットル
  • シャツ・財布・携帯合わて1リットル
  • 冬になると上着3リットルくらい?

計6リットルもあれば充分と思いましたが、少し余裕をみて大き目、かつ、荷物がすかすかでもゆれたりしないように、紐やベルトで中身を縛れるタイプのものを条件に捜しました。また、容量だけでなく、走るときに手を振ってもぶつからないこと、腰や胸でバックパックを固定できること等も条件にも加えました。容量が入る方がいいけど、重さに直結しますので体力のない初心者を自覚している私は、荷物を極力減らす作戦にしました。

こちらの条件で調べてみると、トレイルラン用バックパックがあることを知りました。山でのランニングのために作られたバックパックです。結局、私が選んだのは15リットル。それでも、帰りは荷物でパンパンになりますので、最初の予定の6リットル程度を買っていたら買い直していたと思います。もしかしたら、さらに荷物を減らす工夫をして乗り切ったかもしれませんが、現状だと6リットルに押し込めるのは無理です。

私基準の候補バックパック

候補になった基準

  • 容量 15~20リットル
    容量と重さは比例するのでこれ以上は体力的に無理。荷物の関係で14リットルくらいは欲しい。
  • 色は黒か灰色
    通勤ランなので黒や灰色の地味な色が嬉しい。
  • ウエストポケット
    交通機関も利用するので財布などの為の小さなポケットは欲しい。
  • コンパクション
    荷物が少ないときにも中身が揺れないように絞れると嬉しい。使ってみてわかったことですが、コンパクション用のツールに脱いだウィンドブレーカーなどを引っ掛けて使うことが可能。他の人のブログでは、靴を縛ってランする人も発見。

カリマー X-Lite ラン用バックパック

Karrimr カリマー X-Lite ラン用バックパック 超軽量トレラン ブラックKarrimr カリマー X-Lite ラン用バックパック 超軽量トレラン ブラック

アマゾン:モバイル用デスクトップ用
重量:322g
容量:15L
コンプレッション:ゴム紐片面のみ
サイズ:縦47×幅28(ヒップベルト上部付根部分)×マチ13.5cm(底部中央)
カラー展開:黒・他カラフル3色
縦に大きくジッパーがあり、アクセスやパッキングしやすそう。コンプレッションが片側だけなので少ない荷物を入れるときにコツが入りそう。軽い!!安い!!
実際に使われた方の感想:カリマー X-Lite をランニングで使ってみた感想

ノースフェイス マーティンウィング16

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) マーティンウィング16 NM61528 K ブラック L

アマゾン:
モバイル用デスクトップ用
重量:475g
容量:15L
コンプレッション:ベルト
サイズ:タテ44×ヨコ20.5×マチ11.5cm
カラー展開:黒・メタリックシルバー・ボンバーブルー
1リットル小さくなって少し軽くなったようです。

カリマーAR18 ブラック

カリマーAR18 ブラック KARRIMOR AR18 BLACKカリマーAR18 ブラック KARRIMOR AR18 BLACK

アマゾン:モバイル用デスクトップ用
重量:599g
容量:18L
コンプレッション:ゴム紐
サイズ:タテ47×ヨコ30×マチ20cm
カラー展開:黒・インクアップルグリーン
18リットルになると途端にごつい印象に。
買った人の紹介記事:karrimor AR18

ドイター バックパック アドベンチャーライト18

アマゾン:モバイル用デスクトップ用
重量:650g
容量:18L
コンプレッション:ベルト
サイズ:タテ46×ヨコ24cm×マチ16cm
カラー展開:黒・他2色
ジッパーが大型でヒモが付いているので、かじかんだ手で操作しやすい。

実際に買われた方のページ:

ザ・ノースフェイス オングストローム20

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) ANGSTROM 20 NM61314 ノーチカブルー(NB)

アマゾン:モバイル用デスクトップ用
重量:709g
容量:20L
コンプレッション:ゴム紐
サイズ:タテ49×ヨコ27.5×マチ16cm
カラー展開:黒・他2色
使っている報告:帰宅ランで使っている鞄と靴

モンベル クロスパック15(私が購入したのはこれの1バージョン前です)

[モンベル] mont-bell クロスランナーパック15 1123870 GM (GM)[モンベル] mont-bell クロスランナーパック15 1123870 GM (GM)

アマゾン:モバイル用デスクトップ用
重量:350g
容量:15L
コンプレッション:ゴム紐
サイズ:タテ47cmxヨコ32cmxマチ16cm
カラー展開:黒・緑・白
モンベル「クロスランナーパック15」使用1年
新モンベル「クロスランナーパック15」について

使ってみて予想外だったこと

写真では分かりませんでしたが、バックパックは驚くほど軽かった。商品によってはふにゃふにゃです。初めて見た時には「なんじゃこれ?スーパーのレジ袋に紐を付けただけ?」と驚いたものです。

使用中のバックパックあと、春から秋と冬では荷物が大きく違うだろうと予想していましたが、あまり変わりませんでした。春から秋では水筒が必要ですが、冬には不要になります。代わりに冬はダウンジャケットを帰宅ラン時にバックパックに収めます。多少冬の方が大きめですが、ポケットにインすれば専有面積はほぼ同じです。秋の水と軽めの上着の場合には、コンプレッション用のゴム紐に絡ませておけば中に入らなくても運べます。

右の写真の中央の白い物体は、ダウンジャケットです。

バックパックに記載されている容量よりは入らない印象です。荷物に合わせた形になっていないので、効率よくリュックの形に合わせるのは当たり前といえば当たり前ですが無理でした。試算より大き目を買って正解です。これが、服だけタオルだけで好きな形に変化できるものばかりだと楽なのでしょうが、形があるものはパックしにくいしロスが出ます。

使用感

背中はメッシュでできていますが、冬でも毎回汗で必ず濡れます。その汗が、中の荷物までしみこむかというと私の場合には染み込みません。慣れない時は、着替えをビニール袋に入れてバックパックにいれていましたが、ビニール袋も濡れる様子が無いので袋を無しにしました。やはり、夕方に着替えた着替えはまったく濡れていません(秋・冬)。どっちにしろ洗濯するので、濡れてもいいですけど。服はあまり気になりませんが、プラスチックや金属を入れていると、水滴が付いていることがありますので、まったく濡れないわけではないと思います。汗ではなく、体温との気温差で結露ということもありそうです。

使用していると肩や腰の調整ベルトがいつのまにか狂ってきます。そうすると、こすれて、肩甲骨の所を怪我します。こまめに長さは調整します。一度、赤むけさせるとなかなか治らないし、調整しようとしても、どうしても赤むけ部分に当たり、悪化させてしまう事になれば、肩ベルトは使わない方向で治癒を図っています。

持ち物

帰宅ランのみの私の荷物は、出勤時にラン用の着替え(冬でもパンツ・Tシャツ・ヘッドライト)、財布、定期、携帯、ランチの材料、出勤時用の本。初めはコツがわからず入れにくかったですので、大きめが正解だと思いました。A4の書類が入らないのが、ちょっと不便だなと思う事はありますので、気になる方はそこもチェックポイントですね。

それから、これから買われるかたには、荷物の入れやすさも視野にいれるといいと思います。

帰宅時には、通勤用の服が入ればとりあえずはOK。弁当等は持って行くけど極力持って帰らないランチスタイル。弁当はランチ材料を持って行き、職場で軽く調理したり容器にいれたりし、食べれば持ってきた容器はできるだけ捨てて帰るようにしています。簡単にいうと、食べる容器を職場においておき、使えば洗って置くスタイルです。詳しくは、このブログの「ランチ・弁当」関連のカテゴリーをご覧ください。

その他

走っている時には、気にならないのですが、出勤時に普通の服装で、バックパックはちょっと見た目変な気もします。そこさえクリアーすれば、毎日でも背負って行って、背負って帰れます。雨の日、飲み会の日以外は毎日走れます。雨の微妙な日には傘をカバンに突き刺して(裸の大将状態)、走る事もあります。だって最初さえクリアーすれば、雨が降って濡れるのも、汗で濡れるのも変わらない。楽しいからできるだけ走りたいし。

帰宅ランバックパックのお手入れ

1-2週間に1回は洗濯してます。毎回汗びっしょりになります。3週間もすると、匂ってくるような気がします。走るときはともかく、朝の通勤時やロッカーで悪臭を放つと身が縮む思いがしますので安全策でというか、気になるので早めに洗うのが気持ちよく使うコツ。お手入れが出来ない方は、帰宅ラン・通勤ランお勧め出来ないです。社会的信用を失う気がします。

洗濯はお風呂に入った時に、お風呂用の洗剤をお湯で溶かしてます。中性洗剤で洗えと書いてあったので、洗濯する場所にちょうどあった中性洗剤がお風呂用の洗剤だったというわけ。冬にはウインドブレーカーも一緒に手洗いします。洗濯可能かどうかも要チェックです。私のバックパックは、他の人のブログをみると洗濯機で洗っている人も何人もいるようです。

お手入れ簡単なのですが、リュックを洗った液は毎回しっかり汚れています。汗って見た目透明なのに、なんで?ってほど茶色い液体に変わります。

朝に干しておけば、冬でも1日で乾きます。

関連リンク

関連記事もどうぞ

モンベルクロスランナーパック15

モンベルクロスランナーパック15、ネットポケットにペットボトルを入れてみた。

帰宅ランの為に購入した、「モンベルクロスランナーパック15」というトレイル・ランニング用のバックパックのネットポケットを ……

続きをみる

クロスランナーパック15

「モンベルクロスランナーパック15」レビュー

このページの目次1 ポケット1.1 メイン室1.2 ボトルポケット1.3 ネットポケット1.4 ウエストポケット2 ラン ……

続きをみる

クロスランナーパック15とA4クリアファイル

「モンベルクロスランナーパック15」にA4書類は入るのか?

モンベル「クロスランナーパック15」にA4書類は入るのか?を正確に答えれば、入ります。丸めたり、たわましたりする条件でな ……

続きをみる

no image

新バージョン(2015)モンベル「クロスランナーパック15」について

モンベル「クロスランナーパック15」がバージョンアップしてデザインなどが変わってしまいました。店舗で確認したところさらに ……

続きをみる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。