*

ゆっくりジョギングしながら帰宅する初心者ランナー情報と、快適に走る為に弁当箱をやめ、職場で完成させるオフィスランチを主に綴る帰宅ランに目を向けたサイトです。

ジョギングのダイエット効果は本当にあるのか?

    更新  2014年12月08日  -

ジョギングはしているけど、ダイエットには興味の無い人の体組成の変化をグラフにしてみました。思いつきで測るので間隔が一定ではありませんので悪しからず。

ダイエット目的ではなくジョギングすること2年半。食事もがっつりとった私の体重・皮下脂肪率・内蔵脂肪レベル・ウエストなどの推移データから、ジョギングのダイエット効果についてみてみます。

食事制限しない方が、ジョギングの真の実力を測れそうな気が、参考になれば幸いです。

グラフの見方

体組成の変化上のグラフの補助線は体重2kg毎です。
下のグラフの補助線はウエスト2センチ毎です。
両方数字は内緒です。

ウエストが2つあるのは、ウエストの測り方がわからないから。ウエストって息を吸った時と吐いた時、意識してひっこめた時と数値が明らかに違います。で、どこをウエストとしていいのかわからなかったので、最大にお腹を膨らませた時と、最小にお腹を引っ込めたとき両方をグラフにしています。

ジョギングのデータ

2012年6月にジョギングを始めました。1km歩かずに走れるようになるまでに、1週間ほどでした。その後、徐々に距離を伸ばし、2013年1月には、7.4km走っていました。2013年2月からは8kmで現在も8km走っています。

2013年9月までは、雨の日以外休まず早朝にジョギングをしていました。9月からは、帰宅ランに切り替え、夕方にランニングしていました。週末は1日休み、2日目はもとの自宅近所のコースを走っていました。ともに約8kmです。

食事のデータ

食事は無制限で食べています。走る前より多目に食べてると思います。食事量は朝昼が増えました。意識的に取っています。帰宅ラン直後には食欲はあまりなく、抜いちゃって寝る直前にお腹が減りだす場合もあります。そんな時は、少し間食して寝ます。帰宅してから、普通に食べるられる場合もあります。

 ジョギングのみのダイエット効果

体重では

体重面からいうと、ジョギングってダイエット効果が少ない気がします。2年半走って、体重はたった4キロしか減っていません。効率悪すぎます。本気で痩せたい人は、他の方法の方が効率よく痩せると思います。ある程度のカロリー制限との併用が好ましいという、ありふれた結論となります。

体組成では

体組成計って、数値がいい加減なので信憑性が薄いのですが、徐々に内蔵脂肪・皮下脂肪とも落ちて言っています。最初の方が効果があったようで、いまは横ばい状態です。

最初のうちは頻繁に見ていたのですが、日々実感できるほどの顕著さはなく、飽きてしまいました。今見ると効果ありですが、日々の観察では殆んど変わらないように感じました。

ダイエット目的でジョギングされる方は、最初のうちはあせらず気にしすぎることなく続けてられることをお勧めします。一喜一憂すると疲れますし、毎日の数値は殆んど変わりません。

急激な変化は体にも負担です。あせらず、ゆっくり行きましょう。

ウエスト

アナログデータのウエストを追加してみました。ウエストのアナログデータが内蔵脂肪と皮下脂肪を合わせた結果になっているのでは?と思います。初めのうちは殆んど変わらなかったのですが、徐々に確実にサイズダウンしています。

これは、実生活でもベルトの穴の合う場所が無くなった事から実感してました。加齢とともに、徐々に大きくなっていっていたウエスト。腹筋をやって抵抗したこともありましたが、結果は変わらず。服のサイズを上げないと入らない事態になっていたのに、今はサイズダウンの為にパンツの新調を考えています。

最大ウエストが6センチ、最小ウエストが4センチ小さくなりました。ウエストからいうと、ジョギングダイエットお勧めです。食事制限なしで、ゆっくり確実に減りそうです。結論ゆっくりボディラインが引き締まってきているみたいですので、体重よりサイズが気になる方にはお勧めです。

ウエストサイズ的には、4~6センチですが、パンツやベルトの実感は10センチほど減っています。ウエストだけでなく、ふともも等の服の脱ぎ着する際に気になっていた所も小さくなったからかもしれません。気長にやりましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。