*

ゆっくりジョギングしながら帰宅する初心者ランナー情報と、快適に走る為に弁当箱をやめ、職場で完成させるオフィスランチを主に綴る帰宅ランに目を向けたサイトです。

夜の帽子のかぶり方

    更新  2014年12月10日  -

季節が変われば、帽子のかぶり方も変えましょう。というのも、帰宅ランでは秋になると日が短くなり、つばを正面に持ってきたのでは、不都合が生じる場合があります。

光をさえぎらないように

夕方に帰宅ランできた方も、夜になってくると思います。そこで必需品になってくるのが、ライト。特にヘッドライトをつける場合には、帽子を正面にかぶっていては、ひさしがライトをさえぎり前方の地面を照らせなくなります。地面を照らす必要がある電灯の無い個所を走る場合には、帽子のかぶり方を変えましょう。

ベストな被り方

ヘッドライト使用時の帽子のかぶり方
ひさしの位置を横にずらしましょう。後ろじゃないかって?後ろにつばを持って行くと、ヘッドライトと帽子の位置関係によって、つばが首にあたり着地のたびに擦れて痛くなることがあります。ヘッドライトの調整ゴムをきつめに締めるとゆるみやずれが生じにくいのですが、そうすると頭への圧迫感が強く頭痛となる場合もあります。少々ずれても問題のない、ひさしは横をお勧めします。

帽子を選ぼう

帽子によってはつばを真横にすると、帽子の形と頭の形が合わないものがあります。堅めの型崩れしない帽子は、このようなかぶり方には向いていません。ランニングキャップとして販売されているものは、ふにゃふにゃでこのような被り方に向いていますので、ランニングキャップをお勧めします。ランニングキャップでない場合には、つばを後ろにして被り、ライトは弛めでジョギングします。ライトの重みの関係で、前に目深にになるように帽子がずれて来ますので、時々手で帽子を後ろに調整しながら走るのが、次善の策みたいです。

下を照らさなくていい場合

交通量の多い道路を帰宅ランする場合には、ひさしは前に向けて置いた方がいいです。対向車のライトは場合によってはまぶしくなります。ひさしはライト避けにもなります。首の角度を調整すれば光が直接目に入らないように調整できるように、帽子のひさしは前に向けておいてください。

関連記事もどうぞ

帰宅ランの安全対策-ヘッドライト・リフレクター(反射板)

このページの目次1 安全に走る為に目立とう2 お勧めは2灯ヘッドライト3 ヘッドライト以外のライト3.1 ウエストタイプ ……

続きをみる

昔聞いた話とは違った!雷の基礎知識

このページの目次1 雷鳴が聞こえたら危険区域にいる1.1 その中でも特に危険区域2 危険区域からの緊急避難2.1 帰宅ラ ……

続きをみる

ボトムすそにつけたリフレクター

再帰性反射板、基礎知識

このページの目次1 リフレクタの国際基準と日本の基準1.1 高視認性安全服・アクセサリー制定の流れ1.2 高視認性安全服 ……

続きをみる

ボトムすそにつけたリフレクター

冬の帰宅ラン、反射材の付け方

このページの目次1 上着は脱いだら隠れちゃう2 付けるなら脚3 人の注意力の特徴4 注意力は大きな刺激に働く 冬になり走 ……

続きをみる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。