*

ゆっくりジョギングしながら帰宅する初心者ランナー情報と、快適に走る為に弁当箱をやめ、職場で完成させるオフィスランチを主に綴る帰宅ランに目を向けたサイトです。

アイシングは悪だ派の意見

    更新  2015年01月26日  - , ,

pasotaku-koori帰宅ラン後に行うアフターケアにアイシングを含めるか否かは、賛否両論ありますので、ご自身でも調べられて考えてみてください。

殆んどの方が、すべてのアイシングを否定しているわけではありません。日常的に行うアイシングは、良くないというところでしょう。

賛否両論ありますが、ネットでみた場合では、賛の方が多いです。多数決できまるなら、簡単なのですが、そういうわけではないので、どちらの意見も鵜呑みにせず、自分の体に合う合わないを判断してください。以下の箇条書きは、主にブログの意見を抜き出したものです。

賛成・実行派の方も、反対・行わない派の方も、ランナーのみならず、医療の専門家の意見も分かれているようです。

アイシングが悪いわけ

  • 自然治癒力がなくなってしまう。過保護にしすぎると、みずから行わなくなる。
  • 短期でみた場合には効果があるものの、長期でみた場合は弱い体になってしまう。
  • 体を冷やすことは、悪いことだ。
  • 冷やすと血液循環が悪くなり細胞の再生が遅くなる。
  • 病気やケガが治っていくために最低限必要な事は、酸素と栄養が血流で患部に運ばれることなのに、アイシングはそれを妨げている。
  • 冷やすと筋肉が固くなる。柔軟性を欠いた筋肉はケガを誘発する。
  • アイシングは自然治癒力の邪魔をしている。
  • 生理現象は必要だから起きることで、それを阻害することは好ましくない。
  • 痛みの感覚を麻痺させているだけなので、この状態でランニングを続けることはよけいに悪くしている。
  • 一見良くなって見えるのは、麻痺しているだけ。勘違いした脳は防御しなくなる。
  • 麻痺で気付かないが、実は悪化していっている。そのうちドカンとくる。
  • 疲労が蓄積する。
  • 正しく行えばアイシングも悪くはないが、中途半端な知識で行うことは危険

参考リンク

 

関連記事もどうぞ

8の字を描くように足首に包帯を回します。

足首を捻挫してしまった。

足首を捻挫してしまった。 ジョギングを始める前なら、軽い捻挫で折れていないこと確実なので、医者には行かず時が過ぎるのを待 ……

続きをみる

no image

帰宅ラン後、すべきこと3つ

このページの目次1 なるはやで、すべきこと3つ1.1 ストレッチ1.2 お風呂1.3 食事2 私はどうしているかって?3 ……

続きをみる

帰宅ランをはじめてから風邪を全くひかない

このページの目次1 帰宅ランで風邪引かない体に?1.1 ジョギングをはじめる前は1.2 ジョギングがライフスタイルになっ ……

続きをみる

ふくらはぎの筋肉痛

ふくらはぎの筋肉痛になってしまったら

2分で、筋肉痛が消えてしまいます。まずは、試してみてください。本当にすぐ効くんです。 筋肉痛は「日にち薬」といわれ、勝手 ……

続きをみる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。