*

ゆっくりジョギングしながら帰宅する初心者ランナー情報と、快適に走る為に弁当箱をやめ、職場で完成させるオフィスランチを主に綴る帰宅ランに目を向けたサイトです。

初心者・入門者&貧乏向きランニングシューズ

    更新  2017年10月04日  - ,

まずは、入門者・初心者向きで、リーズナブルなランニングシューズの感想です。もう、履きなれてしまったのですが最初は、新しい靴を下ろすたびに驚きでした。試した順番の感想。違う順番で買ったら、違う感想になっていたと思います。その辺は含みおきください。あくまで感想であり、比較したり優劣決めつけたりお勧めの靴を選びだすわけではありません。

ランニングシューズは、ジョギングを続けるなら消耗品です。高い靴を傷んでも履き続けるより、同じ予算で2足3足と買える靴をとっかえひっかえできる安い方が足に優しいことも。標準体型で、標準的な足のサイズの方は中級者になっても履き続ける方も大勢いらっしゃる鉄板品、コストパフォーマンスの高いランニングシューズをまずは紹介します。

ど定番の安いランニングシューズであるミズノのトラッドロード・マキシマイザーとアシックスのアドック・ロードジョグの感想です。これらの靴はメーカーはエントリーモデルとしています。入門者向け、初心者向けの低価格で手軽に利用できる靴です。

安いランニングシューズの鉄板

1.トラッドロード

8



|


スニーカーと全然違う。足入れ感が素晴らしい。足・膝が痛くない上に、軽い!すばらしい。なんの不満もなく、私のランニングシューズの原点となりました。これもう一回買いたいのだけど、バージョンがあがって、派手になってしまって、買いあぐねて靴遍歴を始めました。
ミズノとアシックスではミズノの方が幅が狭い印象がありますが、同じサイズのトラッドロードとアドックを合わせてみると、トラッドロードの方が少なくとも外回りは幅が広いです。

2.アドック

9 7



|


わずかなサイズしか残っていない為紹介できません。

初期の印象は、なんか、嫌でも前のめりになりこけそうになる靴。失敗したかも?慣れてくると、楽に早く走れる。前傾姿勢に勝手になる靴。
ただ、アドック6まではベロが外側にずれないようにする為のひも通しベロが落ちないようにするところが斜めについていて、紐の調整がしにくい靴。ランニングシューズは毎回丁寧に緩めて履き、丁寧に紐の調整をして走ります。紐の調整がしにくいのは、かなりのストレス。そこさえなければ、大好き!このこけそうになる靴のおかげで、前傾姿勢が自然にできるようになった気がします。アドック7からは中央についています。

 

3.ロードジョグ->ジョグ100

アドックがよかったので同等品でベロが真ん中に来ているロードジョグを購入。靴ひもを調整するのは真ん中がやっぱり楽~。あれ?前のめりにならない!
べったんべったん(足の裏全体で着地)の走りになる。(試しにスーパーでアドックを同時期に履いてみたが、初期のような前のめり感は感じなかった)

まっくろがあるのが通勤靴としてはうれしいポイントでもあります。
慣れてくると、1歩づつ靴を持ち上げて着地してまた持ち上げて感がある(保護されている(ショックを吸収されている)というか靴に一歩毎にめり込むというか)。
→クッションがいいという、初心者仕様の靴の特長っぽい。

黒一色なので、職場で履くのに好都合とさっさと引退させました。真黒というのは職場で都合がよく、もう1足購入し履きました。やはり、クッションが足をしっかり保護します。反発がなくスピード感が出ない靴。持ちあげる感が高い靴です。

かといって、めだって遅くなるわけでもなく、8キロメートルの私の帰宅ランコースでは、早く走れる感のある靴と最終的にはほぼ同じくらいのタイムになります。最初から最後まで一定の速度を保つ感じです。

後継製品jog100

ロードジョグ7 後継
jog100



|





そして、ロードジョグの後継製品がjog100です。ワンランク上のランニングシューズでは当たり前だった、通気性のいいメッシュ(ラッセル構造)を使ったランニングシューズです。ムレを防ぎ、格段に靴づれになりにくくクッションは保ったままロードジョグより軽くなりました。

また、カカトにくびれができ、フィット感がアップしてます。

安価でない普通のランニングシューズはヒールカップでかかとをギュッと絞るような構造です。

カカトを靴にぴったりと合わせることでしっかり固定できます。ランニングシューズの履き方はまず、カカトをとんとんして合わせてから、ぼろベロをまっすぐにし、靴紐を締め、靴に足を固定します。最後2つの紐穴を使って、よりカカトと足を固定する場合もあります。

固定しないと走るたびに足が靴の中で動く。動くと、靴擦れができたり、つま先が靴にあたって痛くなったりします。また、脂肪の多いカカトを固定することで、着地時の衝撃を緩和し、膝や腰を守ります。カカトの固定はランニングには重要な事なのです。

jog100はカカトにあるくびれで、カカトを包み込み固定できる形になっています。

このjog100の改良により、まずは安いジョギングシューズを捜すなら1番に試すべき靴。名前を変えるくらい改良されています。この改良によりコストパフォーマンスが群をぬいていい靴になっています。

jog100は通気性がいいので冬のタウンユースは避けたい靴でもあります。走っている時はいい感じなのですが、風が吹くと足で風を感じる靴を運動していない時に履くと寒い冷える靴になります。

女性の方はユニセックスに、ご注意ください。ユニセックスはワイズが男性基準です。ワイズが同じ足長でもワイドとスーパーワイドという様に、広くなり足にフィットしない場合があります。少しでも身に合ったランニングシューズを選ぶために、要確認です。

初心者用(エントリーモデル)ランニングシューズで評価の高い人気の靴です。Amazonランキング大賞2015でロードジョグは、ランニングシューズ部門で2位でした。1 位のカスタマレビューは1月5日現在、103件なのに対し、ロードジョグは1010件。発表された20位のうちカスタマレビュー100件超えているのは4件で、次にレビューの多い10位の ニューバランスの靴が157件とロードジョグの人気は群を抜いています。

アシックスは他にも「ビスポ」「リセント」「ネイカー」というロードジョグと同等の共同企画品があるそうです。右表の靴で、旧バージョンが3000円以下になっている場合には、本当に欲しいなら、お早めにお求めください。サイズや色のバリエーションが徐々に品切れになっていきます。買い時です。

4.マキシマイザー

17(旧バージョン) 18



|


最初のトラッドロードに感じた足入れ感の良さを感じない。トラッドロードは最初だったから新鮮だったのかな?小指の付け根から着地し親指付け根までで地面を掴むみたいな走り方が楽。
地面に対して靴が弾む感じがする。カツンコツンと着地時に音と、跳ねかえるような体感があり、心地いい。靴に任せるとスピードが出る感じがします。→初心者用ながらも、若干の反発力もある靴ということに。
私の帰宅ランの実際タイム的にも前半は早く走れますが、後半には体力が無くなり遅くなるという靴です。初心者で速く走ることを目的としていない筈なんだけど、速く走れる・足が勝手に回る・弾むという前半の感覚はジョギングの楽しいさを倍増させました。かといって後半バテバテで辛いというわけでもなく、普通の感覚で走れる。ただ、トータルタイムはいつも通りな事が多い。
前半と同じ感覚で最後まで走れる事もあり、そんな時には気分が高揚しています。ロードジョグではハイな気分になった事はありませんので、走る楽しさで選ぶならマキシマイザーやトラッドロード。
同時に2足買いした初めての靴です。不思議なことに2足同時に使い始めたのに、1足は700キロメートルの走行で足が痛くなり始め、もう一足は1000キロメートル超えても足が痛くなかった靴です。
トラッドロードより前(つま先側)半分が広い空間になっている気がする。もしかして同じサイズだからと、男性用を買ったのかも?幅広な印象です。

2016年3月、マキシマイザー18の一部商品のカカトスポンジ部分に不具合のある商品があるそうです。修理や交換の対象となっていますので、買われた方はご確認をお願いします。

私の過去

ジョギングは最低、靴だけは専門のものを使うのがよいらしい。走り始めた1年半前に、それくらいの知識はありました。

でもねぇ、初心者ジョギングシューズなどで検索すると、1万円くらいの高い靴がお勧めされてるんですよ。続くかどうかわからないのに、そんなに高い靴、買えませんとスニーカーで始めた所、お約束通りに、1か月で膝が痛くなってしまいました。

仕方なく、近所のスーパーに靴を下見にいき、試し履きしてみて、足入れ感が素晴らしい靴を発見。当時4千円でした。それくらいなら、買える!と品名を覚えて、家に帰りネットで検索した所、標準的な体重の人なら最低走れる靴との2chでの評価の靴と同等品(スーパーとメーカーとの共同開発らしい)。

それがトラッドロード。また、スーパーに戻り靴を購入。トラッドロードを履いて走るようになってからは膝が痛くなくことはなくなりました。最初は1足で半年ほど、履きました。

初心者用のランニングシューズは調べると、クッション性のよいつまり、重いシューズがよいとのことでしたが、トラッドロードは初心者用にもかかわらず、軽く感じました。これまでもっと重い、スニーカーを履いていたからだと思いますが、私には「軽-!!!」と感じたものでした。今でもランニングシューズは初心者用の物を履いていますが、重いと感じたことはありません。

安い初心者向きランニングシューズのラインナップ

次のランニングシューズの購入を検討するころには、ジョギングが楽しくて、楽しくて仕方ない状態になっていました。いわゆるハマっていました。続くかどうかなんて問題は無くなっていました。問題は低予算。

次の靴を捜すのも楽しいんだけど、貧乏で初心者であることに変わりはない。やっぱり安い靴を捜しました。できるだけ安く安全に走れるランニングシューズ。調べてみるとミズノとアシックスが日本人向きで、駅伝やマラソンでの選手もそれらの愛用者が大多数であることを知りました。その2大メーカーで次の靴候補を調べた結果、初心者向き(エントリーモデル)かつ、低価格(4千円くらい)の靴は、先に買ったトラッドロードの他、3点。数字は試した順です。

  • ミズノ
    • 3.マキシマイザー
    • 1.トラッドロード(上と同等、スーパーとの共同企画とされている)
  • アシックス
    • 4.ロードジョグ
    • 2.アドック(上と同等、スーパーとの共同企画とされている)

感想は上記のとおり。

実店舗で試し履きをし、さほど支障がないことを確認したうえで全てを順番に購入しました。靴は1日置きに履くと寿命が延びるとのことで、2足・3足を履き換えながら使っています。靴の寿命が足が痛くなったら交換ととらえている私には新しい靴を下ろす時期をずらしたため、特定の靴で走ったときのみ足が疲れる、痛い時が靴の寿命と知れて都合がいいです。

2-3足なのは、靴が安く買えるときに購入するため。気持ちは常時靴を3足がいいのですが、1足へたっても、なかなかお買い得にならない場合があり、靴2足で我慢することもあるためです。お買い得に購入するコツは、旧バージョンを狙う事。最新バージョンの靴でなくても、問題なく走れる靴ばかりですが、サイズや色が選べなくなるので、気にいったものがある場合には、複数ゲットすることもあります。

靴は適当に選ぼう

入門者・初心者の靴選びとしては、帰宅ランやジョギングを続けるなら店舗で試し履きをしてみて、サイズは縦も横もしっかり合わせてください。横(ワイズ)とても大事です。「痛い」などがなければ小さめでOK。サイズさえあっていれば店舗でのベストに関わらず、他の靴も予算があえば順次買って履いてみることをお勧めします。

店舗での試し履きはあてなならない

それって選んでないと思われるかもしれませんが、店舗の数分~十数分の試し履きで相性を知るのは無理です。最初からマイベスト靴を決めてしまうのはあまりにもったいない。いろいろ試しましょう。試し履き会(シューズトライアル)にお金を出して参加し、いろいろな靴を履いて走ることをする上級者もいます。上級者だって店舗の数分ではわからないと感じているのです。

靴が変われば走りも変わります。靴および走り方の試行錯誤で、より自分にあった走り方に自然になっていくと思います。靴が変われば気分も変わります。私も初心者ですが、初心者の私でも靴と走り方の変化ははっきりわかります。店舗での相性の良さは実際に走って気に入った靴とほとんど関係がありませんでした。

また、おろしたてと1週間後でも靴ははき心地が違ってきます。お店だけの短い付き合いで靴を選ばないで、実践を通して好みの靴を模索するのも楽しいです。
間違えないランニングシューズ選び:いろいろなシューズの違い(外部リンク)」によると、足形等と怪我との相関関係はなさそうです。店員さんのアドバイスは受けながらも自分の感覚にあった靴を模索しましょう。最初は自分の感覚で決めます。ただ、最初から同じランニングシューズのみを履き続けることはお薦めしません。

店のアドバイスもいろいろ

スポーツ店やランニング専門店で店員さんに選んでもらっても、例えば計測では同じサイズがでてもお勧めされる靴はなぜか1・2センチも違ったりします。1週間程度の時差なので、足形が変わったとは思えません。つま先に1センチの余裕がある靴を奨める店員さん、実サイズと同じサイズの靴を奨める店員さんと……。メーカーは実サイズのサイズ表記をしていることすら知らない店員さんも多いのです。

「ワイズは紐でしばって調整するから大きめでもいい」わけではないです。紐で縛りすぎると足の甲が痛くなり走れなくなります。その時のみならず、1週間くらい腫れ上がる場合もあります。足の甲が痛くなる2大原因の1つが靴ひもの締めすぎとなっています。長さも幅もしっかり合わせてください。

何店か廻ってお勧めの靴を試していくうちに、この人のお勧めは外れが無い、この人はいまいち……とわかってきくればしめたものです。それまではいろいろ試してみてください。

実店舗ではラスト1足シューズのワゴン売りをしている事があります。サイズが合えば、上記4足の値段に近いくらいに、グレードの高い靴がお安くなっている場合があります。ネットオークションでも最後の1足がある場合があります。お買い得かと聞かれると、微妙です。過去に10年以上前の製造靴を送ってきて、びっくりしたことがあります。定番靴だけどそれはないんでないかい?と。店舗では見て買えるしそもそもそんな靴は置いてないので安心です。

サイズを正しく知ろう。参考にしよう!

自分の足の縦と足囲(ワイズ)を知りましょう。測ってみるとびっくりする場合があります。メンズ・レディースは足幅の基準が違うようです。24.5や25センチのメンズ・レディース両方に含まれるサイズの方は、ご自身の本当の性別にこだわらずに、足幅が狭い方はレディースを試してみるとジャストサイズの場合があります。何かの折に、お試しください。

ワイズは、太った痩せたの他、ジョギングでアーチが戻ったり、正しいサイズの靴を履くだけでも変化します。時々測って今のワイズを知っておきましょう。

が、そのサイズもメーカーによって違う。同じメーカーでも靴によって違うこともあります。あくまで参考程度にして、選びましょう。

私の計測して貰った体験記もありますので、参考にどうぞ。
正しいランニングシューズを選ぶ為のサイズ足形計測記(2)
正しいランニングシューズを選ぶ為のサイズ足形計測記(1)

専門店がない、敷居が高いという方は、ご自身でメジャーや定規で測ってみてください。スリムの人でも私は幅が広いと思い込んでいる方が多いようです。まぁ、上記の安い靴は3Eや4E設定の靴しかないので、実は細かったとなったら、足に合わせるならもう少しお値段出すしかなくなるのは残念です。

どんなふうに走りたいのか?

ここ数年上級者の間ではカカトから着地しない走り方に移行する人がでてきました。足の指の付け根から着地して走る走り方。初心者用の靴は、カカト着地用にできています。もし、これから走り始めるのなら、最初から、足の付け根から着地する用の靴もいいかも知れません。靴が全く違いますので流行好きの方は、ちょっとだけ考えてみてください。

足の付け根着地走法は、フォアフットラン、裸足ラン、ベアフットランなどと呼ばれています。靴は、ナチュラル走法用の物の他、5本指靴やサンダル等、靴底の厚みが一定のものとなります。一般的な初心者用のクッションがいい物とは、一線を隔します。

関連リンク

  • 準備が整ったら、走ろう!で、太めの体型の方の為の入門のランニングシューズについて触れています。ぽっちゃり体形の方は、上記の安物ランニングシューズではなく、ケガをしない為に特に衝撃吸収に優れた靴をお勧めします。
  • 帰宅ランの為の初心者用ジョギングシューズでは、帰宅ランナーでジョギング入門者に使いやすい、職場でも違和感なくはけるランニングシューズを紹介しています。幅広さん・幅狭さんにお勧め1シリーズずつです。
  • 日本人のランニングシューズについて考えてみた。(足型)ではつま先のタイプと、サイズを考察しています。
  • 正しいランニングシューズを選ぶ為のサイズ足形計測記(2/4)
    自分の足の大きさ、本当に知っていますか?一度、きちっとサイズを測ってみることをお勧めします。お店で無料の足形計測をしていました。計測は催しとしてされている場合もあります。
  • 足型計測とフィッティング(外部リンク:asics公式サイト)
    http://www.asics.co.jp/walking/shoes-fitting
    自宅でできる足の計測と規格がのっています。また、ページの真ん中に「表示サイズについて」という見出しで「サイズ23.0㎝の靴は足長23.0㎝の人が履ける靴、としています」と明記されてます。サイズはあくまでも目安としながらも、足長より1センチ大き目を買わなくてもいいんです。ランニングシューズメーカーはそのつもりで作っています。スポーツ店、店員さんも知らない人がおられますので、最終的には自分の感覚が頼りになります。

関連記事もどうぞ

正しいランニングシューズを選ぶ為のサイズ足形計測記(2/4)

アシックスの足型計測に私が行った時、足形計測は順番待ちの方もおられず、すぐに店のおねーさんに測ってもらう事が出来ました。 ……

続きをみる

no image

正しいランニングシューズを選ぶ為のサイズ足形計測記(4/4)

正しいランニングシューズを選ぶ為のサイズ足形計測記の最終回です。前回までで、足形測定を店舗で受けた結果とそこで習った靴ひ ……

続きをみる

鉛筆で足形をなぞっています

足型を素人がアナログで測定してみました。

このページの目次1 1ミリしか違わない筈の片側の足だけ痛い2 過去データから変化したのか?2.1 紙と鉛筆とハサミで比べ ……

続きをみる

足型測定のワイズ分布

日本人のランニングシューズについて考えてみた。(1)

このページの目次1 日本人は幅広!って本当?1.1 発端1.2 調査手法1.3 日本人ブログ統計による足ワイズ分布2 何 ……

続きをみる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。