*

ゆっくりジョギングしながら帰宅する初心者ランナー情報と、快適に走る為に弁当箱をやめ、職場で完成させるオフィスランチを主に綴る帰宅ランに目を向けたサイトです。

日本人のランニングシューズについて考えてみた。(3)

     - ,

今回は、前回まででランニングシューズについて調べたことに対して疑問に思ったことを見てみます。それは、足型と靴型と足長の組み合わせです。親指が一番長い人の足長と、人差し指が長い人の足長を同列に扱うのはおかしいのでは?ということ。

足型も考慮しなくていいの?

ミズノ中敷きアシックス中敷きアシックスもミズノもつま先の形は親指側に重心のある変形円形でした。親指が一番長い人に比べて人差し指が一番長い人は、ラウンドしていく靴の長い部分が足長になるので、もっと短めに選んだ方がいいのでは?という疑問がわきました。

ランニングシューズ、各メーカーとの比較外国メーカーのランニングシューズは中央に重心がある変形でないラウンド型でした(前々回参照)。もしかしたら、足長というサイズで選ぶのはおかしいのではないか?履く人のつま先の形で足長を分けて考えた方がいいのでは?と思い靴の中敷きを取り出し、裸足を当ててみることにしました。

右の写真の中敷きでよーくみるとミズノの小指あたりと親指のやや下あたりに小さな切りかけがありますので、それでメーカーをご確認ください。手持ちのランニングシューズは、ミズノとアシックスのみです。

中敷きに足を乗せてみた

私も人差し指が一番長いギリシャ型の足です。といっても若干長い程度です。人によっては三角に見えるほど長い方もおられますので一律には言えないことをお含みおきください。

DSCF9884DSCF9870そっくりに見えますが、左がアシックスのランニングシューズから外した中敷き、右がミズノの中敷きです。

やはり親指で測るか、中指で測るかは、1サイズ違ってきそうな気がします。

考えてみた

エジプト型

エジプト型日本人に一倍多い、多かったとされる親指が一番長いタイプ。よくワンサイズ大きめの靴等と言われるのは、親指が足長の人のが多かった日本人の場合、親指がまっすぐになろうとしている所に靴のカーブが来るので少し大きめが楽と思われていたのではないでしょうか?

ギリシャ型

人差し指が足長(ギリシャ型)の場合には、さらに2種類のタイプがあると考えた方が靴選びがよりよくできそうです。人差し指出っ張りが小さいタイプと、大きいタイプ。

ギリシャ型ギリシャ型で人差し指出っ張りが小さいタイプは、足の一番長い場所がカーブの丁度出っ張っている所なので、靴にあらかじめ設定されていた遊び(捨て寸)と重なって足長を信じてランニングシューズを選ぶとぶかぶかになるのでは?と思います。人差し指が足長なのだけど、親指のカーブでシューズを選ぶと、靴に設定されている捨て寸と呼ばれる場所に丁度ハマり、ピッタリフィットするタイプ。ランニングシューズは他の靴より足に対してシビアにフィットするように作られていますので、靴型と足型の違いがフィット感を損ねることになる人もおられそうです。

私の場合、靴の円形と足の円形がフィットしやすそうです。サイズさえ間違えなければ、ラッキーな足型かもしれないと思いました。

ギリシャ型ギリシャ型で人差し指がかなり親指と差のあるタイプの方。この方は、足長で選んでもいい気はするのですが、そういう方の画像を見ていると、ちょっと違う気もします。想定外に長い方の場合、土踏まずのカーブと指の長さの間隔が靴と合わないのでは?という気がするのです。

土踏まずのカーブを足にフィットさせることでつま先が前に滑らなくなるのですが、カーブが合わないと前に滑り結果爪先と靴が当たり痛いということに。さらに痛いからより大きな靴を求めますます土踏まずのカーブが合わなくなり、どんな靴も合わないと思われてしまう方がおられると思います。

どうしたら、いいんでしょうね?よーく調べてみると、「ギリシャ型の足の人は足囲を重視する。足長より短い靴を履くことができる場合がある。」などの主旨が書いてあるページがありました。そういうものなのですね。ウイズで合わせて、指先がいたければウイズを下げて足長を上げる合わせ方。留める所は留めて長さを合わせれば、前滑りを起こさずにフィットできるということなのでしょうね。

スクエア型

s足の指の先端がだいたい揃っているタイプ。このタイプも足長で選ぶしかない。陥入爪、魚の目、タコになりやすいそう。左右で圧迫されるのは靴の形と足の形を見ればわかります。見るからに虐げられていそうですよね。親指小指だけでなく、指と指の間のタコとかできやすい、見た感じ一番ランニングシューズには合いそうにない気の毒な足型。裸足ランいかが?としか言いようがない。自作サンダルとか…。

ランニングシューズでない場合、スクエア型の靴も販売されています。だけど、ランニングシューズでスクエア型は見たことがありません。メーカーのサイトでも足型の説明はしているものの説明のみにとどまり、足型に対するランニングシューズの対応は見当たりませんでした。

「ランニングシューズについて考えてみた。」シリーズは今回で終わりです。また、何か思いついたら調べてみるかもしれません。

参考リンク

「ランニングシューズについて考えてみた。」シリーズ

関連記事もどうぞ

no image

幅狭さんのランニングシューズのフィッテイング

このページの目次1 ランニングシューズフィッティング体験談(読み飛ばし可)2 フィッティング後の結論3 微調整4 今後の ……

続きをみる

ランニングシューズ、無料でできる中敷きカスタマイズ

ダンボールインソールを試してみた。 を試み、失敗した事があります。古いランニングシューズを捨てる時にこの中敷きは調整に使 ……

続きをみる

初心者・入門者&貧乏向きランニングシューズ

このページの目次1 安いランニングシューズの鉄板1.1 1.トラッドロード1.2 2.アドック1.3 3.ロードジョグ- ……

続きをみる

滑り止め付き5本指靴下

5本指靴下で走ってみた。

夏の終わりの台風で靴を洗ったらマメを作って以来、少し靴下に興味がでてきました。調べてみると、ランニングソックスというのが ……

続きをみる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。