*

ゆっくりジョギングしながら帰宅する初心者ランナー情報と、快適に走る為に弁当箱をやめ、職場で完成させるオフィスランチを主に綴る帰宅ランに目を向けたサイトです。

ふくらはぎの筋肉痛になってしまったら(外側)

    更新  2015年01月25日  -

「体の痛み」の9割は自分で治せる たった90秒! 超簡単セルフ整体術 (PHP文庫) 上手くいけば2分で、筋肉痛が消滅する技を紹介します。以下の動画を実行すれば筋肉痛が早く治ってしまう。いままでの常識は忘れてください。

帰宅ラン後、お風呂でマッサージしたのに、翌日に筋肉痛になってしまった。そんな時は、セルフ整体をお勧めします。筋肉痛に効く食べ物、湿布、お風呂、ストレッチなんてもういらないのです。

整体って何?自分でできるの?難しくない?と思ってませんか?
簡単に自分で出来て、しかも即効性があるのです。効果絶大、すぐ効くうえにマシになる程度ではなく、完全に筋肉痛が治ってしまうのです。

私も全く知らない。聞いたこともなかったのですが、偶然に見つけたYouTubeの動画を真似したら、筋肉痛になってしまっていたのが、3分で張りを感じない程に回復してしまいまして、それからは時々お世話になっています。

セルフ整体では筋肉に力の入らない状態にしてあげるだけ、無緊張の状態でじっとしているだけで、本来の筋肉の柔らかさを取り戻させるというもの。マッサージのようにツボの知識もいらず、やり方が下手で揉み返しが来た、余計にこったなんてことがなく、コツを覚えればテレビを見ながら、パソコンしながら簡単に行えます。上手くいかなくても今より悪くなる感じはありません。

ふくらはぎの外側の筋肉痛改善のセルフ整体のやり方

  1. 正座から足を片側に両足ともずらして座ります。
  2. 筋肉痛になっている1点を見つけます。
  3. 指で押さえます(目印に場所を示すだけです)。
  4. そのまま、正座します。
  5. 指で押さえつけても痛みがなければ、7.へ。
  6. 痛みがあれば、足首の角度を調整し痛みが消える場所を捜します。
  7. 痛みが消える姿勢を見つけたら、そのまま90秒じっとしています。
  8. 手を使い、運ぶ感じで、筋肉痛だった場所に力を入れないように、あしをゆっくり元の姿勢に戻します。

以上です。これだけでです。慣れれば、1か所2分くらいで筋肉痛から解放されます。1回で取りきれなければ、2度3度やってもたいして時間は掛りません。疲れを明日に残さないというか、残っていた疲れを取り除ける。筋肉痛になった後に行いますので、予防的にしつこくマッサージをしなくてもよくなる。これで、今日も明日も明後日も、快適に帰宅ラン出来ます。

でも、簡単に治るからって、無理しないでくださいね。

関連リンク

関連記事もどうぞ

ふとももの筋肉痛になってしまったら(外側)

上手くいけば2分で、筋肉痛が消えてしまいます。筋肉痛になってしまっても時間が解決するのを待つ必要がなく、即効性があります ……

続きをみる

ふくらはぎの筋肉痛

ふくらはぎの筋肉痛になってしまったら

2分で、筋肉痛が消えてしまいます。まずは、試してみてください。本当にすぐ効くんです。 筋肉痛は「日にち薬」といわれ、勝手 ……

続きをみる

アイシングのメカニズム

このページの目次1 ジョギング直後の体の状態2 アイシング中の体の状態3 アイシング後の体の状態4 アイシングのメカニズ ……

続きをみる

ふとももの筋肉痛になってしまったら(内側)

上手くいけば2分で、筋肉痛が消えてしまいます。「日にち薬」といわれた筋肉痛が日にちがたたなくても簡単に治っってしまいます ……

続きをみる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。