*

ゆっくりジョギングしながら帰宅する初心者ランナー情報と、快適に走る為に弁当箱をやめ、職場で完成させるオフィスランチを主に綴る帰宅ランに目を向けたサイトです。

ふとももの筋肉痛になってしまったら(内側)

    更新  2015年01月25日  -

「体の痛み」の9割は自分で治せる たった90秒! 超簡単セルフ整体術 (PHP文庫) 上手くいけば2分で、筋肉痛が消えてしまいます。「日にち薬」といわれた筋肉痛が日にちがたたなくても簡単に治っってしまいます。即効性があり、あっというまと言える程、筋肉痛が素早く早く治ってしまいます。

帰宅ラン後に、マッサージやアイシングしたのに筋肉痛になってしまった。なんにもアフターケアしなかったら、筋肉痛になってしまったという方、セルフ整体という方法で筋肉痛をリセットしちゃいましょう。常識では考えられないほどすぐ効くんです。。

今回はふとももの内側の筋肉、内転筋の筋肉痛がターゲットです。

ふとももの内側の筋肉痛のセルフ整体のやり方

  1. 弛める側の足をくの時にし、あしのうらを反対の足のふくらはぎに向けます。
  2. 脚の付け根をさわり、痛い点・違和感のある点を捜します。
  3. 曲げている脚をそのまま立てて内側に倒します。
  4. 内側の角度で違和感が消える場所を捜します。
    もし見つからなかったら、足をクッションの上に乗せ角度を捜します。
  5. 見つかったらそのまま90秒じっとしています。
  6. 90秒経過したら、手を使って脚を元にもどし、痛かった場所をチェックします。
  7. 違和感が消えていたらOK。消えていなければもう一度1~6を繰り返します。

詳しくは、動画をご覧ください。初めは飛ばしても問題ありません。8:07 から人体模型図での場所確認が始まり、続いて10:38 実際のやり方が始まります。

少し張るくらいなら筋肉痛でも問題ないですが、階段が苦痛、歩くのがツライとなれば、日常生活に支障をきたし、帰宅ラン自体が続かなくなってしまいます。セルフ整体は筋肉痛になってしまってから行えますので、筋肉痛に気付いたらトライしてみてください。即効性があります。

関連リンク

関連記事もどうぞ

アイシングのメカニズム

このページの目次1 ジョギング直後の体の状態2 アイシング中の体の状態3 アイシング後の体の状態4 アイシングのメカニズ ……

続きをみる

足首を捻挫した時の包帯の巻き方

お医者さんに教わった包帯の巻き方です。ぶきっちょな私でもきれいに巻くことができました。器用不器用関係ないみたいです。その ……

続きをみる

no image

帰宅ラン後、すべきこと3つ

このページの目次1 なるはやで、すべきこと3つ1.1 ストレッチ1.2 お風呂1.3 食事2 私はどうしているかって?3 ……

続きをみる

ランニングシューズ洗ったらかかとに豆ができた

洗ったランニングシューズを履いたらマメできた

このページの目次1 ランニングシューズを洗うことの是非1.1 洗う派(多数派)1.2 洗わない派(少数派)2 正しい洗い ……

続きをみる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。