*

ゆっくりジョギングしながら帰宅する初心者ランナー情報と、快適に走る為に弁当箱をやめ、職場で完成させるオフィスランチを主に綴る帰宅ランに目を向けたサイトです。

心肺機能はすぐに向上するが……

    更新  2014年06月01日  -

ゆっくりゆっくり向上する筋力

心肺能力は、ジョギングを定期的に始めるとすぐに向上します。1週間や10日程度でも、休まずにジョグできる距離が延びていくのが実感することができます。初日に比べて、息が上がりにくいのが実感でき、最初の設定をまったく歩かずに走れるようになるのに、そう長くは掛りません。

だけど、無理しないでください。心肺能力は簡単にアップしますが、足の筋肉はそんなに急速には向上しません。心肺能力の向上よりも筋肉の増強は時間がかかるので、息がしんどくないからとどんどん速く走ったり、急速に距離を早くに伸ばしすぎるとそれを受け止める筋力がなく、脚・腰を痛めます。

心肺機能への負荷は、すぐに回復します。息が切れても遅くても10分もあれば苦しくは無くなります。対して、筋肉は筋肉痛になったりすることは、経験があると思います。心肺機能よりも回復がはるかに遅く、何日も筋肉痛になる場合もあります。脚・腰を痛めなくても筋肉痛になるのは、あまり歓迎できません。

心肺能力に合わせず筋力に合わせて、徐々に距離を延ばしたり、スピードを上げらることをお勧めします。筋肉痛に頻繁になるようなら、もっともっと逸る気持ちを抑えてまったり、のんびり帰宅ランを行ってください。

筋力の向上には

ちなみに、筋肉を鍛えようとするなら、筋肉痛になる程度の運動をし、その後、充分に休みます。難しくいうと筋繊維の微損傷を起こしたあと、回復期に筋繊維の修復による肥大化を繰り返すわけです。筋肉痛が3日以上続く場合は、やりすぎです。ほどほどに。

痛んだ筋肉が回復するときに今より強くなる事が期待できます。但し、回復しようにも材料が無くては修復出来ずに痛んでも筋肉が痩せていきます。筋肉の材料となるたんぱく質をしっかり取ること、脂肪分はじゃましてくれますので、ご注意を。炭水化物はいいです。……、バランスのいい食事が大事です。

バランスのいい食事が大事なのは、ジョギングだけでなく食生活全般に言える事ですので、無条件にいいことだと思います。が、正直、ジョギング入門者・初心者は筋力の向上なんてわざわざ目指さなくてもいいと思います。ジョギングは初心者ではないけれども、帰宅ランは初心者ってかたは、それなりに筋力アップも目指されることと思います。そんな方には、あまり参考にならずに申し訳ありません。

ほどほどに楽しむのがいい方には筋力の向上は自然に任せるくらいで問題ないと思います。ただし、ゆっくりゆっくり負荷をあげていってください。まずは、楽しみ力の向上が第一です。

関連記事もどうぞ

no image

走り方いろいろ1.スロージョギング

初心者さんには、まずは、ゆっくり走ってくださいとこれまで、言っていました。走り方は足をまっすぐにするだけは意識してねと。 ……

続きをみる

no image

帰宅ランのメリット・デメリット

メリット 交通費を節約できます。 ランニングが毎日の習慣に組み込まれますので、続けやすいです。 帰ったらすぐお風呂に入れ ……

続きをみる

地面とランニングシューズ

走り方いろいろ2-0.着地のいろいろ

ランニングの着地法3つ 走っている時に、足をどう地面につくのか?着地の方法は、主に3つあります。 つま先(足指の付け根) ……

続きをみる

「ジョギングは楽しい」事に気が付こう!

このページの目次1 長距離走は苦しいだけ、なんてことは全くない2 チャレンジするだけなら、簡単! やってみない?3 ジョ ……

続きをみる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。