*

ゆっくりジョギングしながら帰宅する初心者ランナー情報と、快適に走る為に弁当箱をやめ、職場で完成させるオフィスランチを主に綴る帰宅ランに目を向けたサイトです。

冬の帰宅ラン、反射材の付け方

    更新  2014年12月21日  -

冬になり走り始めから暗い帰宅ランになってきています。さらに寒く、もう上着は手放せなくなってきました。そこで、問題になるのが、リフレクタ。

上着は脱いだら隠れちゃう

リフレクターやライトで、自分存在をアピールするさいに、ウインドブレーカーの上着のみで対策されている方、上着はぬがないでくださいね。暑くても我慢してください。上着を脱いで腰に巻いてしまったら、周りから認知されにくくなりますので危険です。

また、腰に巻きつけたらボトムのリフレクターが隠れてしまう場合もあります。ポケットや膝上ラインにリフレクターが入っている場合は、それらが隠れないように脱いだ上着の位置に注意してください。

ライトでの対策の方は問題ありません。反射板の場合に1つの服についているだけなら、上着よりボトムについているものを選ぶようにしてください。上着は脱ぎやすい事に加えて安定した場所、つまりあまり動きの無い場所に付いていることが多いので、認知後も注意をそらせやすいようです。

付けるなら脚

左足に反射材帰宅ラン途中に上着は脱いでも、パンツは脱がないので機能そのものが無くなりません。反射材が脚特に末端部分に付いている場合には、反射光が動くため見つかりやすく注意を引き留めやすいという、存在をアピールするには持って来いの状況になります。また、対自転車の場合にも、上方に光は向いておらず、下を照らす事が多いため、気付いてもらいやすいです。

写真は左足のウインドブレーカーに付けた例です。右側通行をして車両側になる側の脚と言うことで、左に付けています。可能であれば、前は白か黄色、後ろは赤になるようにしています(理由等は基礎知識「反射材の色と明るさ」をご覧ください)。

人の注意力の特徴

注意力は選択しないと、働かない。能動的に気を向けないと気付かない。直近の行動に無意味なもの無関係なものは無視し、有意義なものを選択する。あれもこれもは、気が散るだけで注意をむけていないのと同じになる。

注意力は大きな刺激に働く

大きいもの・大きく動くもの・点滅するものなど目を引くものに注意が向きます。大事なものではなく、目立つものなのです。安全の為には目立ちましょう。目立つためには、その特性を利用すればいいのです。なるべく大きな反射材を付け、大きく動く場所に、付ける。点滅はライトじゃないと無理ですね。反射材も付ける場所によって、効果が違ってきますので、少し考えてから、つけましょう。

関連記事もどうぞ

ボトムすそにつけたリフレクター

再帰性反射板、基礎知識

このページの目次1 リフレクタの国際基準と日本の基準1.1 高視認性安全服・アクセサリー制定の流れ1.2 高視認性安全服 ……

続きをみる

昔聞いた話とは違った!雷の基礎知識

このページの目次1 雷鳴が聞こえたら危険区域にいる1.1 その中でも特に危険区域2 危険区域からの緊急避難2.1 帰宅ラ ……

続きをみる

ヘッドライトのススメ

秋になり、午後6時には日が暮れ出しました。帰宅ランをしていますが、同じコースを走っている方・すれ違う方でヘッドライトの利 ……

続きをみる

夜の帽子のかぶり方

このページの目次1 光をさえぎらないように2 ベストな被り方3 帽子を選ぼう4 下を照らさなくていい場合 季節が変われば ……

続きをみる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。